俺がした役割

ゆるい移住の期間中、俺は主に「食べる係」だったと思う。


 ●

厳密に言えば、実はちょっと違うんだ。
俺のことをIT人材として取り扱った人が何人かいる。

最たる例は、jig.jpのみなさん。
IT企業が、IT関連行事に誘ってくださるのだから、自然とそうなるわな。
あとは、くぼーんが神戸に誘ってくれた事とかも、IT関連と言えるかも知れない。いやどうだろう?

Hana道場もそうなんだけど、あれは最初はITスキル必須じゃなくて、
「ゆるい移住の誰かが店番をする」って流れで参加したの。
だから俺は、言ってしまえば置物の役だった。
それでFacebookとかで「遊びにきてねー」とか言ってたら、団地のパーティーで仲良くなった人が来て、
応対しているうちに、お客さんがHana道場に何を期待しているのかが少しずつわかってきた。

IT人材っぽくなったのは、たまたま壊れたルータの設定を直してって言われたから。
それで、スキルある人を店番にするのって良いね、って雰囲気になって、色々頼まれるようになった。

IT人材でいるときの俺って、勤労者の文脈で存在出来るんだよ。
「元IT社長です。鯖江に来て一旗あげたいと思ってます」って言えば、世間に認めて貰えるの。

それは今でも変わらない。こないだも新しい光センサーとESP-WROOM-02を貰ったし。
またみんなの中でセンサー欲が沸いてくるような気配もあるしね。

そういえば、森さんに頼まれごとされて、TSUGIの仕事を一日だけやったことがあったな。
あれが一番、普段やってた仕事に近い案件だったかもしんない。

 ●

でも、俺はあえて、IT色をあんまり出さないように強く意識していた。
自分がやってきた仕事を一度封印して、どうなるか知ってみたかったから。

たとえば新しい才能に開花して、IT以外のことが急に出来るようになったりするかと思ったのだ。
小説がスラスラ書けるようになるとか、筋肉がついて力持ちになるとか。料理を始めるとか。
でもまあ当たり前だけど、別に何の変化も無かった。何もしてないから、そりゃそうだわな。
まわりに才能あふれる人たちが居たので、特に必要に迫られなかったってのもあると思う。

それで気が付いたら、食べる係になっていた。あと、寝る係。
団地のパーティーが最たるものだけど、たぶん、ゆるパブの方が浮き彫りになっていると思う。
あれは地味にエリート集団なので、能力も熱量も常人の比ではない。
移住メンバーは、スキルを活かせる人の存在感が際立ってる感じかな。
ここだと俺は完全に役立たずだ。でも俺はそれを内心楽しんでいる。

それ以外の地域活動だと、傍観者とか、一参加者でいる時の俺は輝いていると思う。
懇親会になった途端、食べる係の本領が発揮される。鯖江だと梵が出るんだよなー!
でも、身体を使う仕事になった途端、さっぱりダメだ。若者というより、腰痛の老人である。

 ●

シェアハウスでの俺は、もっと何もしない人になっている。まず基本的に寝てる。
振り返ってみると、トイレ掃除をやったことは無いし、珈琲を入れたことも無い。
台所にはほとんど立たないどころか、食べた食器を下げないことのほうが多い・・・。

畏れ多くも、食べ物に対するリスペクトを示すような行動は足りていない気がする。
好き嫌いしない、とか、自分の分は残さない、とか、いただきます/ごちそうさまを言う、という程度。
それより高度なことを要求されると、ちょっと苦しい気持ちになる。

まあでも、思想家みたいな立場ではあったと思う。
生活スキルは持ち寄ってなかったけど、「考える」という最低限のラインは一応クリアしたかな。

あとはまあ、会計もやったな。あれは大変だったので誇っていいかも知れない。
でも、計算と納付と集金と契約者が一本化されていると、もっと楽だと思う。
新しい暮らしでは別の人にやって貰うことになったので、肩の荷が下りた。
あんまり自分が会計係であることにアイデンティティを感じたくないので、良かった。

経営とか経理の相談に乗ったことも、ちょっとだけあったな。ま、雑談程度。

 ●

つまり場面場面において俺ってのはいろんな役割をもっていたと思うのだけれど、
なんかこう、あんまり前のめりになって活躍したい気分にならないというか、
頑張れば頑張るほど、なんか違う気がしちゃって、のんびりしていたくなる。

マスコットキャラクター的な扱いをされてる時のほうが落ち着くというか。
好きな言葉は「何もしなくていいですよ」という。責任感とか協調性とか貢献度とか皆無だよなあ。

あともう一個問題だったのが、人畜無害では無かったこと。

本当にただの置物だったらいいんだけど、俺は生産と消費で言えば、消費側の人間なんだよね。
つまり、存在していると、場にマイナスの経済効果を与える。
輸送にも場所を取るし、飯もたらふく食う。部屋に荷物も置く。
何か、この人じゃないと出来ない特別なスキルを発揮するという訳でもない。

それなのに、焦ったり、身体を動かしたり、申し訳なさそうにしたりしない。

そのうえ、マイナスの経済効果が拡大する方向に活動する。
ブログを書いたり、思想をつぶやいて「働きたくなさ」を醸し出したり、同居人を増やそうとしたり。

だから、これが株式会社で、俺が社員だったら、いつクビにされてもおかしくないと思う。

是非はともかくとして、まあ俺は、そんな役割をしていたんじゃないかなー。

PageTop