ゆるい移住のレシピ

他の地方自治体が参考にする時に使うやつ。


 ●

勝手なもので、俺は今更になって、
「もしも裏でこじれてるんなら、次からは家賃とったらいいんじゃないか」
なんて思い始めているんだけど、移住メンバーの誰に聞いても、
「家賃無料じゃなかったら来なかった」くらい言ってるので、やっぱり無料がいいんだろうな。

かくいう俺も、担当さんが最後に、
「ゆるい移住へのご意見は、メールかメッセージで、いつでもください!」
みたいに挨拶してるの見て、これってブログでは書くなって意味かなあ、
とか邪推する程度には俺も病んじゃっているんだけど、
これは絶対こうしたほうがいい、みたいな意見って、特には浮かばないな。

なんなら、運営ミスがあったとしても、それも含めて、ゆるい移住だったんじゃないかなと。

俺たちは半年間で、赤ん坊から人生をやり直したんじゃないかと思っている。
時には理不尽な躾を受けたかも知れないし、反抗期もあったかも知れないけど、
成人した今となっては、親には感謝の気持ちしかない、みたいな。お、綺麗に表現できたっぽい?w

 ●

なので、第二期がどうとかじゃなくて、あくまで一般論として書きます。

いやらしい話、本心での期待感ってのは、あると思うんですよ。
家賃無料、就職無用、農業無用、起業無用、という条件で募集したのは事実だけど、
出来れば定住して欲しいし、家賃も払ってほしいし、働いてほしい、という。

たとえ住んでくれなかったとしても、なぜ住まなかったのかがわかればいい、って、
最初から最後まで言われての体験移住だったんだけど、あわよくば、とは思うよねw

でも、「家賃無料」ってのは、人間に与えるインパクトとして大きすぎるんですよ。
俺は素朴に「これいいな、続けられないかな?」って思っただけで、世界が変わってしまった。
あ、「独立国家のつくりかた」の言葉で言うなら、世界に対する視野が広がってしまったの。

もしもこれが「家賃一人一万円ポッキリ」だったら、俺は気づかなかったかも知れない。
最終的な目的が家賃収入なら、「半年住んだら家賃キャッシュバック」みたいにして、
家賃を支払うっていう慣習自体は残しておいたほうが、洗脳が解けないだろうな、と思う。

金額で言えば、シェアハウスの家賃って、たかだか一人月額1万円程度だと思うけど、
「家賃」という概念が吹っ飛ぶのは凄いこと。だからこっちに意識が行き過ぎた感はありました。

 ●

地域貢献とか人づきあいなんてのは、強制しなくても後からついてくる。
天照大神の例に限らず、地域活動には引きこもりを家から出すくらいのパワーはあるし、
ニートがやってきて、半年後には働きたくなるだけのモチベーションもある。
これは、福井が凄いとも言えるけど、場所に限らず、活動している人のパワーが凄いんじゃないかな。

でも地域活動って、「仕事が忙しいから」って言えば、ある程度逃げてしまえるんだよね。
だから、仕事が忙しい人ばかりが地域に行こうとすると、不協和を起こす可能性はありそう。
暇なニートと忙しい金持ちが手を組んで地域に参加するってのは、素晴らしいタッグなのかも。

「独立国家のつくりかた」で、どこかの外国で生きているチームの話があったんだけど、
金を引っ張ってくる書類を書くのが得意なリーダーと、調整役のサブリーダーと、
あとは歌って踊れるパフォーマー集団で生活してる人たちってのがいるみたいな話なんだけど、
これって実はそのまんま株式会社の組織と同じ構成なんだよね。

この構成を自然と構築出来る事こそが、ゆるい移住のレシピだと思うんだ。

 ●

これを「ゆるい」というコンセプトで作り上げたのは天才的だと思うけど、
かたい方法でこれと似たようなメンバー構成を実現したいのなら、
役割分担を明確にしたうえで募集をかけるのが一番近い状況を作れるのではないかと思う。

・学歴の高い方 1名
・仕事を続けながら参加出来る方 1名
・仕事を辞めて参加したい方 1名
・現在無職の方 1名
・週末移住を希望する方 1名
・宣伝用のブログが書ける方 1名

みたいな感じで集めて、一緒のシェアハウスで生活してください、って言うの。

そうすると、新政府樹立みたいなドラスティックな変化をせずに、
無難な範囲で地域活動をして、それなりに地域に溶け込めるチームを作れると思う。

これならひょっとすると、「家賃を払う役」も最初から決められるかも知れないし。
それをやっちゃうとチーム内に上下関係が出来てしまわないか、という懸念もあるけどね。

実際にやってみて失敗しても責任取らんけどw
まあそんな感じで模索して、いろんなスタイルの長期体験移住事業が各地に増えるといいなー。

 ●

とか書いたけど、移住者を受け入れる田舎の姿勢としては、
「誰でもウェルカム。審査ナシ」というやり方を超える方法は無いと思います。

あ、半年という期間は、ぴったりちょうど良かったと思う!
短くても3カ月は欲しいな。馴染むまでが3週間、満喫するまでが3カ月って感じだった。
だから、最後の3カ月で、みんなの人間味が出たんじゃないかなと。

PageTop