3月27日 レッサーパンダサミット クマサミット

動物は、可愛いし、美味しいし、言うことないですね!


 ●

カラオケボックスで調子こいてウイスキーを半分ほど空けた気がする。

朝9時40分? 起床。あおいさんが迎えに来てくれていた。
一瞬で支度して出発・・・したはいいけど、声はガラガラ、頭はフラフラ。
こりゃ絶対現地で死んでるな、と思いながら、レッサーパンダサミットへ。

内輪で「おこめ課長」と呼んでいる、福井の美味しいお米をくださった課長さんが、
お招きくださったということで、つーちゃんは多大なリスペクトを感じていた様子。
あと、レッサーパンダのトートバッグが貰えるというのも興味深そうだった。

俺は完全に睡眠欲が勝ってたけど、そんなつーちゃんの熱意に押されて参加した。
という構図だったのだけど、2時間45分の長丁場、俺は完全に起きて、話を全部聞いてた。
終わったときには酒酔いも完全に抜けてて、めちゃめちゃ元気になっていたのであった。

 ●

曰く、まちにおける動物園とは何なのか。

それは世界環境を考えた時に、特定動物を絶滅から保護するという機能であり、
繁殖の研究であり、環境保護について色んな人が学習する場である、
というような事を言っているんだけど、発表の半分は動物の写真である。

レッサーパンダの妊娠期間には大幅なブレがある上に、
偽妊娠と呼んでいる現象があったりもして、人工授精は難しいのだけれど、
鯖江はメス2頭オス1頭から始まって、双子が二対生まれるスタートを切れたのだとか。

ずっと寝てるように見えたつーちゃんだけど、あとで偽妊娠の話をしてたので、
きっと身体は死んでいただけで、耳と頭は意外に起きていたのだろう。

パネルディスカッションって名前のつくイベントは、
大抵、各自のプレゼン発表に終始することが多いのだけど、今回も多分に漏れず。
でも、個々の発表は凄く面白くて、ためになることが多かった気がする。

市長がきちんと「今後も動物園を無料で続けていきたい」と述べていて、
座って聴いてた市民の方々が拍手していたのが印象深かった。全く同感である。
公園の中にあって、散歩のついでに寄れちゃう、無料の動物園が、
世界的に意義のある繁殖研究をしているというのはカッコイイ事だと思う。

建物の工事で5千万円、全体で1億円くらいかけてるらしいけど、
少なくともそれだけの価値はあるんじゃなかろうかと思った。
自動販売機を置いたら収益も出るだろうし、今後も良くなっていくといいね。

同日付で、鯖江市の動物にレッサーパンダが指定されたのだとか。
観光資源としても、地元に愛される動物としても、素晴らしいチョイスだと思います。
あのシッポがたまんねーよな! ちなみに俺はアンケートに「たれる」と答えました!

 ●

昼飯は、いちご大福。これはふんわり大福の中にショートケーキが入ってるやつ。
これは一万円札崩す口実で買っちゃったんだけど、レジでおばさんに、
「これ美味しかったですよー! 私も気になってて、ついに昨日買っちゃったのー!」
って言って貰った時に、レビューに弱い俺は、もうお腹いっぱいになりました。
餅のふんわり感が最高で、これは高くてもアリだろう、と思った。410円。本日まで。

あとは、定番西山コロッケと、中華そば屋で買ったチーズバター餅。

 ●

帰ったらさすがに疲れ果ててたので、ヘッドホンして寝てしまった。
起きたら20時。既にクマサミットが始まっている時間だったけど、まだ前菜だった。

いろんな野菜を戴きつつ歓談。なんとエマさんが来てくださった。
THE LASTのときにうまく連絡を取れなかったので、今度は来て貰えて幸せ。
やっぱプライベートのエマさんはたまんねーなー! でも赤メガネが好きかな!

美味しい熊鍋とビールを戴き大満足。家の話とか全然しないまま寝てしまった。

森さんと「言語化の限界点」みたいな話をしたのだけど、それはまた別の記事で。

PageTop