アキカツ

もうだめだ。過去問の丸暗記を頑張ろう。

 ●

福井県鯖江市>ふるさとさばえ検定
http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=16131
http://www.city.sabae.fukui.jp/bin/016131-08-1.pdf

にて公開されている過去問と正答をテキスト化したものです。
頭の記憶容量が少ないので、問題と正解だけ取り出して詰め込もうかと・・・。

 ●

間部家

1 間部詮房(あきふさ)従四位下。越前守。間部家の祖。
2 間部詮言(あきとき)従五位下。下総守。初代藩主。
3 間部詮方(あきみち)従五位下。丹後守。第 2 代藩主。
4 間部詮央(あきなか)従五位下。主膳正。第 3 代藩主。
5 間部詮茂(あきとお)従五位下。下総守。第 4 代藩主。
6 間部詮熙(あきひろ)従五位下。若狭守。第 5 代藩主。
7 間部詮允(あきざね)従五位下。主膳正。第 6 代藩主。
8 間部詮勝(あきかつ)従四位下。下総守。第 7 代藩主。
9 間部詮実(あきざね)従五位下。安房守。第 8 代藩主。
10 間部詮道(あきみち)正五位。下総守。第 9 代藩主。

房言方央茂熙允勝実道。
ふさとき、みちなか、とおひろ、さねかつ、ざねみち。
ボウゴン、ホウオウ、モキ、ムルショウ、ジツドウ。

 ●

徳川家

1 家康 いえやす
2 秀忠 ひでただ
3 家光 いえみつ
4 家綱 いえつな
5 綱吉 つなよし
6 家宣 いえのぶ
7 家継 いえつぐ
8 吉宗 よしむね
9 家重 いえしげ
10 家治 いえはる
11 家斉 いえなり
12 家慶 いえよし
13 家定 いえさだ
14 家茂 いえもち
15 慶喜 よしのぶ

 ●

1 鯖江藩主間部家の祖は間部詮房(あきふさ)である。詮房は、ある職業から大名になるという極めて異例の出世を遂げた人物として有名だが、その職業とは? →能役者
2 間部詮房が異例の出世を遂げていくのは、当時の第 6 代将軍からの引き立てがあったからである。その第 6 代将軍とは? →徳川家宣(いえのぶ)
3 間部詮房は将軍の信任を得て政治の実権を握る一方で、幕政改革にも着手した。「生類憐れみの令」の廃止など、後に正徳(しょうとく)の治(ち)として有名になるこの政治改革をともに実行した人物は誰? →新井白石
4 幕府の政治改革にまい進した間部詮房であったが、第 8 代将軍の登場により失脚する。ではその第 8 代将軍とは誰? →徳川吉宗
5 詮房の失脚により、間部家は高崎からある場所へ転封(国替え)され、さらに享保 5 年(1720)に鯖江に国替えされ鯖江藩が成立した。高崎の次に国替えされた場所はどこか。 →越後国村上
6 鯖江藩の初代藩主は誰? →間部詮言(あきとき)
7 間部家は、徳川家が江戸幕府を開く前からの忠実な家臣である。このような古くからの家来に当たる大名を何というか。 →譜代
8 鯖江藩主間部家の家紋はどれ? →

 ●

9 鯖江藩第 7 代藩主間部(まなべ)詮勝(あきかつ)が鯖江藩主となった時の彼の年齢は? →10 歳
10 間部詮勝の父は第 5 代鯖江藩主である。父の名前はどれ? →間部詮熈(あきひろ)
11 第 6 代鯖江藩主は間部詮勝の兄である。6 代藩主の名前はどれ? →間部詮允(あきさね)
12 間部詮勝が初めて就いた江戸幕府の役職は何か。 →奏者番(そうじゃばん)
13 大名には朝廷から官位が与えられていた。さて、間部詮勝の官位はどれ? →下総(しもうさ)守(のかみ)
14 間部詮勝は 27 歳で寺社(じしゃ)奉行(ぶぎょう)に就任するが、この寺社奉行の職務でないものはどれか? →寺社の多い京都の治安維持
15 間部詮勝が 33 歳で大坂(おおさか)城代(じょうだい)に就任する直前に、大坂で起こった大事件とは? →大塩平八郎の乱
16 上記の事件で、その首謀者が掲げた旗に書かれていた文字は? →救民
17 問 15 の事件のきっかけとなった、東北地方を中心に多数の餓死者を出した災害は? →天保の大飢饉
18 間部詮勝は 34 歳で京都(きょうと)所司代(しょしだい)に就任する。詮勝が京都所司代時代に行った有名な施策は、町名看板(木札)の設置ともうひとつは何? →公衆便所の設置

 ●

19 間部詮勝は京都所司代時代に庶民の教育にも尽力している。詮勝が自筆の扁額(へんがく)を書いた心学(しんがく)教諭所の名前は? →宣教館
20 間部詮勝は 36 歳で西の丸老中(ろうじゅう)に就任する。江戸城西の丸で職務に当たる老中という意味だが、この「江戸城西の丸」は現在のある場所に相当する。それはどこか? →皇居
21 西の丸老中は、直接政治に関わらず、引退した将軍や次期将軍の家政を担当したが、間部詮勝が西の丸老中在任当時の次期将軍は誰だったか? →徳川家定(いえさだ)
22 間部詮勝が西の丸老中に就いていた当時、本丸では国政を担当する老中たちが政治改革を推進していた。本丸老中の筆頭(老中首座(しゅざ))で、後に詮勝と対立した人物は誰か? →水野忠邦
23 問 22 の人物と間部詮勝の対立原因は、当時の政治改革があまりに急進すぎて、詮勝をはじめ諸大名などの批判が多かったからであるが、その政治改革とは次のどれか? →天保の改革
24 問 22 の人物との対立により、間部詮勝は西の丸老中を辞任する。その後の 15 年間、詮勝は幕府政治から離れるが、この間の嘉永(かえい)6 年(1853)に起こった歴史的大事件は? →黒船来航
25 問 24 の事件で国内が混乱する中で、間部詮勝は再び老中に就任するが、このとき、詮勝は「外国掛」と「勝手掛」を兼任した。外国掛は現在の外務大臣、では勝手掛は? →財務大臣
26 間部詮勝が(本丸の)老中に就任する背景には、大老(たいろう)である井伊(いい)直弼(なおすけ)からの絶大な信頼があった。では、井伊直弼の画像は以下のどれ? →

 ●

27 嘉永7年(1854)3月3日にアメリカ合衆国東インド艦隊司令長官ペリーと幕府全権林(ばやし)大学頭(だいがくのかみ)韑(あきら)らとの間で調印された条約を何というか? →日米和親条約
28 日本が開国か攘夷(じょうい)かで揺れていた頃、閣内では13代将軍の跡継ぎ問題も絡んで南紀(なんき)派と一橋(ひとつばし)派に分かれていた。この時、井伊直弼ら南紀派が血統の優位から次期将軍に推したのは誰? →徳川慶福(よしとみ)
29 間部詮勝が老中に就任した安政5年(1858)に拝領した江戸の上屋敷(かみやしき)はどこか? →西の丸下
30 一橋派を支持した福井藩主松平慶永を支え、後に安政の大獄で死罪となった人物の画像は以下のどれ? →橋本左内
31 安政5年(1858)にアメリカ駐日総領事ハリスと下田奉行との間で締結された条約は、攘夷(じょうい)を熱望していた孝明天皇の勅許(ちょっきょ)を得ずに調印されたことで大きな波紋を呼んだ。では、「攘夷」とは何か? →外国人を退けるため、日本国内に入れないようにすること
32 上記の条約調印に至った状況を天皇に説明するため、老中間部詮勝が京都に上ろうとしていた頃、幕府に先行して水戸藩へ攘夷実現を命じた文書(密勅)が降される。これを何というか? →戊午の密勅(ぼごのみっちょく)

 ●

33 揺らぎはじめた幕府の権威を回復させるため、厳しい態度で対立する派閥を弾圧した井伊直弼と間部詮勝は何と呼ばれて人々から恐れられたか? →井伊の赤鬼、間部の青鬼
34 日米修好通商条約の締結後、外国人が日本に多く居留するようになったことで外国人殺傷事件が頻発した。ハリスの秘書兼通訳で尊攘派の薩摩藩士に襲われて落命したのは誰? →ヒュースケン
35 1840年代、清(しん)国に渡ったイギリスの外交官オールコックは、各地の領事を務める中で清国に対する武力行使を提言した。これによって引き起こされた戦争をなんというか? →アロー戦争
36 安政の大獄で、水戸藩留守居宅から西郷隆盛の「間部詮勝襲撃計画書」が押収された。この計画書の文中に名前が挙がっていない藩はどこか? →水戸藩
37 問36と同様に間部詮勝の暗殺を計画し、それを自白したために、安政の大獄で捉えられて斬首された人物は誰か? →吉田松陰
38 福井藩士長谷川甚平が橋本左内に宛てた手紙には鯖江城(間部詮勝)と彦根城(井伊直弼)の襲撃計画が書かれていたが、具体的に彦根城をどうすると書いてあったか? →火攻め
39 九条家の侍の島田(しまだ)左近(さこん)が安政の大獄で志士を弾圧した恨みを買い、文久2年(1862)に京都で暗殺されたが、この犯行現場はどこか? →二条通り木屋町付近

 ●

40 安政5年(1858)6月、老中に再任後すぐに大老井伊直弼から上洛を命じられた間部詮勝だったが、ある理由で出発が遅れた。その理由とは何か? →将軍の逝去
41 間部詮勝が条約調印の事情を説明した天皇は誰か? →光格天皇
42 間部詮勝の尽力によって、「いずれ鎖国の状態に戻すこと」を条件に幕府は天皇から条約調印の勅許を得ることができた。では、この条件のことを何というか? →航海遠略
43 老中就任当初は井伊直弼から絶大な信頼を得ていた間部詮勝だったが、次第に両者の意見は対立していく。この対立の一因はどれか? →詮勝が水戸藩への寛大な処罰を求めたため
44 現在の東京都港区高輪にある東禅寺(とうぜんじ)は、安政6年(1859)にイギリスの仮公使館が置かれていた。この寺の別名を何というか? →海上禅林寺
45 東禅寺で起きた2度の外国人襲撃事件のうち、2度目の襲撃事件を起こしたのは誰か? →伊藤軍兵衛
46 問45の人物は松本藩士だったが、彼が外国人を襲撃した理由は何か? →東禅寺の外国人警備のためにかかる、費用の負担を憂えたため
47 万延元年(1860)3月3日の雪の朝、井伊直弼は江戸城外で襲撃され命を落とした。この襲撃事件を何というか? →桜田門外の変

 ●

48 問47の事件の1ヶ月後に江戸の鯖江藩上屋敷が移された場所はどこか? →外桜田
49 文久2年(1862)11月20日、間部詮勝は老中在任中の責を問われて鯖江藩の石高(こくだか)1万石を減封されたが、これ以前の鯖江藩の石高は何万石だったか? →5万石
50 文久3年(1863)5月に天皇の命令を奉じて攘夷を実行した長州藩は朝廷での存在感を増してきていた。しかし、過激な行動をする長州藩士に不快感を示した天皇は会津藩や薩摩藩を中心とした公武(こうぶ)合体 がったい 派に長州藩の排除を命じた。この政変は何というか? →8月18日の政変
51 元治元年(1864)6月5日、長州・土佐・肥後各藩の尊攘派志士約20名が、京都三条小橋の旅館で襲撃される事件が起こった。この事件は何とよばれているか? →池田屋事件
52 問51の事件に強く刺激された長州藩は兵を率いて入京し、御所付近で薩摩・会津・桑名の藩兵と衝突した。この事件を蛤(はまぐり)御門(ごもん)の変というが、この門の写真はどれか? →
53 問52の事件後、天皇は幕府に対して長州藩をどうするようにと命令を下したか? →征討
54 元治元年(1864)、本国へ帰国していたオールコックが再び来日した頃、薩摩や長州は相次いで対外戦争を経験していた。薩摩藩が攻撃を受けた国はどこか? →イギリス
55 慶応3年(1867)、幕府の権威低下と対照的に朝廷の権威が上昇してきたことを受けて、薩摩藩と長州藩は軍事同盟を結び幕府を倒して新政権の成立を画策し始めた。この薩長の動きに対して、幕府を含めた雄藩(ゆうはん)連合による新政権の樹立を画策したのはどこの藩か? →土佐藩

 ●

56 問55で平和的な政権交代を画策した藩は、将軍に対してある勧告をした。これを受けて将軍は重大な決断を下すことになったが、その決断とは何か? →大政奉還
57 問56の決断を下した将軍は誰か? →徳川慶喜
58 問56の決断と同日、薩摩藩や長州藩に接近していた公家はクーデターを起こして新政府の中枢となった。この公家は誰か? →岩倉具視
59 慶応3年(1867)12月、薩摩藩は幕府征討の大義名分を手に入れるため、江戸市中で暴動を起こすなどして幕府軍を挑発した。この時、薩摩藩は同藩出身で13代将軍の正室(せいしつ)となっていた女性を奪還しようとするが、彼女は当時何と称されていたか? →天璋院(てんしょういん)
60 江戸時代、将軍の正室は何と称されていたか? →御台所(みだいどころ)
61 薩摩藩の挑発行動に対して、幕府は江戸の薩摩藩邸焼き討ちを命じる事態となる。この時、鯖江藩第9代藩主と一緒に出兵した実兄の三河吉田藩藩主は誰か? →松平信古(のぶひさ)
62 問61で幕府が起こした軍事行動によって、新政府は幕府攻撃の口実を手に入れ、戊辰(ぼしん)戦争(せんそう)勃発となるが、この緒戦となった戦いを何というか? →鳥羽伏見の戦い
63 問62の戦いで幕府軍総帥(そうすい)として出陣した間部詮勝の息子(上総大多喜(おおたき)藩主)は誰か? →松平正質(まさただ)
64 戊辰戦争で錦(にしき)の御旗(みはた)を得た新政府軍が旧幕府軍を追い詰めていった結果、最終的に戦線はどこに向かって拡大したか? →東北

 ●

65 慶応4年(1868)3月、旧幕府方と新政府方の要人による会談が持たれたことで、計画されていた江戸城総攻撃は回避された。右の写真は、それを後世に伝える碑だが、ここに入る正しい組み合わせはどれか? →
66 問65の石碑は現在のJR田町駅付近にあるが、この地は江戸時代何があった場所か? →薩摩藩蔵屋敷
67 江戸幕府の終焉(しゅうえん)後の明治元年(1868)10月、明治天皇が江戸城に入るにあたって城は名前を変えることになったが、何と改称されたか? →東京城
68 戊辰戦争後、新政府に明け渡された大坂城は元長州藩士のある人物の提言で、陸軍の軍用地となった。では、この提言をした人物は誰か? →大村益次郎
69 陸軍用地となった大坂城跡地はある物の製造に関する中心工場となったために、太平洋戦争中の米軍の攻撃標的となった。では、そのある物とは? →火砲
70 明治3年(1870)、かつての京都所司代跡地にはわが国最初の中学校である京都第一中学校が建てられた。では、京都所司代はどこにあったか? →丸太町通り堀川付近

 ●

71 京都所司代跡地を示す石碑がある場所には平成9年まで小学校があった。この小学校は何と呼ばれていたか? →待賢小学校
72 江戸幕府が終わりを迎えた頃、鯖江藩では第8代藩主の弟が藩主をつとめていた。では、この第9代鯖江藩主の名前は? →間部詮道
73 明治2年(1869)、明治新政府を主導する立場にあった薩摩・長州・土佐・肥前の4藩は中央集権国家の確立を目指して、土地(版)と人民(籍)の支配権を朝廷に返還した。このため、藩主は身分上は天皇の任命する官吏(かんり)となったが、この官吏は何と呼ばれていたか? →知藩事
74 明治17年(1881)11月28日、間部詮勝は東京下谷車坂の屋敷で病気のため亡くなった。右は彼の死亡と葬儀日を知らせる新聞記事だが、ここに入る正しい組み合わせはどれか? →『読売新聞』(明治17年11月30日付)manabe74.jpg
75 激動の時代を生き、時には大老井伊直弼とともに尊攘派志士から命を狙われた間部詮勝だったが、明治17年(1881)まで天寿を全うすることができた。では、間部詮勝の没年は何歳か? →81歳

 ●

76 現在の西山公園は、間部詮勝が拓いた大名庭園「嚮陽渓(きょうようけい)」が元になっている。下記の絵(版画)は造成当時の嚮陽渓を描いたものだが、その作者は誰か。 →歌川広重manabe76.jpg
77 嚮陽渓を造成するに当たり、間部詮勝はその思いを漢詩に込めた。西山公園にはその石碑が建立されているが、以下はその文面である。抜けている部分はどれか? →与衆同楽
披林聴鳥 隔水賞花
吟詩製画 酌酒煎茶
調音不妨 択友須約
非独忘憂 ■■■■
78 間部詮勝が描いた下図の天井絵がある間部家の菩提寺は? →萬慶寺manabe78.jpg
79 鯖江市本町 3 丁目には、道路をわざと直角に曲げて敵の進行を防ぐ城下町の施設が残っている。これを何と呼んでいるか? →喰い違い
80 明治時代になって鯖江藩邸内にあった受(じゅ)福堂(ふくどう)の薬医門(やくいもん)を移築した場所は? →松阜神社
81 西山公園にある鬼神塚は、冤罪(えんざい)で死罪となった鯖江藩士を供養するためのものである。その藩士の名前は? →平柳杢右衛門

 ●

82 間部詮勝が西の丸老中(ろうじゅう)に就任すると、幕府から鯖江藩に築城の許可が下りた。しかし、結局、鯖江城の築城は実現しなかった。その理由として誤っているものはどれ? →築城途中で火災に遭い、そのまま中止となった
83 鯖江市まなべの館の正面入り口には明治大学の創始者の一人である矢代(やしろ)操(みさお)の胸像がある。矢代は明治新政府が優秀な人材を養成するために創設したある制度によって、鯖江藩を代表して選ばれた人物である。では、この制度を何という? →貢進生
84 天保年間、藩士教育の必要性を痛感した間部詮勝は江戸の稽古所を移転拡張して整備した。整備されたこの稽古所の名称は? →惜陰堂
85 同様に、間部詮勝は鯖江の稽古所も拡張整備した。新しい稽古所の名称は? →進徳館
86 問 84・85 などを総称して「藩校(はんこう)」というが、藩校の定期試験には間部詮勝自ら視察したとされる。では、藩主が見守る中で行われる試験を何というか? →直試
87 間部詮勝は庶民の教育にも力を入れ、鯖江の小倉喜藤兵衛が興した庶民教育所を支援した。鯖江藩の支援を受けて改称されたこの施設の名称は? →謙光舎
88 京都の蘭方医である新宮(しんぐう)凉庭(りょうてい)は、医学校兼図書館を建設し、医学生の教育に尽力した。京都所司代の頃に間部詮勝はこの建物に扁額(へんがく)を寄贈したが、この建物の名称は? →順正書院
89 上記の建物は飲食店となって現在も使用されている。あるメニューの専門店として京都でも有名であるが、そのメニューは? →湯豆腐

 ●

90 日米修好通商条約の調印に関して、朝廷からの勅許(ちょっきょ)を得るため間部詮勝は京都へ入り、朝廷との交渉に奔走したが、その際に詮勝が宿舎としていた寺院は? →妙満寺(みょうまんじ)
91 横須賀市久里(くり)浜(はま)にあるペリー公園には、間部詮勝が詠んだとされる下記の川柳の解説板がある。空欄に入る言葉は?「泰平の眠りをさます たった四杯で夜も寝られず」 →上喜撰
92 ペリーが上陸した久里浜海岸は、江戸時代初期に鯖江出身のある人物によって新田開拓された場所である。その人物とは誰か。 →砂村新左衛門
93 東京都港区にある善福寺(ぜんぷくじ)は、最初のアメリカ公使館が設けられた場所である。間部詮勝とも交渉した初代の駐日アメリカ公使は誰か。 →ハリス
94 江戸(東京)における間部家の菩提寺は浅草の九品寺(くほんじ)であったが、関東大震災や東京大空襲で被災し、現在、間部家の墓石はある場所に移されている。それはどこか? →多磨霊園
95 間部詮勝の子で第 8 代鯖江藩主となった人物は、江戸で見聞した風物を詳細に記録している。この「安房(あわの)守(かみ)文庫(ぶんこ)」を著した人物の名前は? →間部詮実
96 下の写真は間部詮勝の墓碑である。この墓碑がある千葉県市川市の寺院はどこか? →法華経寺manabe96.jpg

 ●

97 問 96 の墓碑には間部詮勝に関する経歴や評価が刻まれている。この原文を書いた人物は元幕臣(ばくしん)で明治になって洋学者・思想家として活躍した人物である。この人物とは? →中邨正直
98 問 97 の人物と交流があった人物で、鯖江藩士でありながら土佐藩主山(やま)内(うち)容堂(ようどう)の減刑を求めた人物は誰か? →大郷学橋(おおごうがっきょう)
99 問 96 の墓碑の上部には何と書かれているか? →間部松堂翁墓
100 下図は間部詮勝の晩年の写真である。詮勝が膝の上に持っているものは何と考えられるか? →俳句・和歌を書く発句(ほっく)帳(ちょう)manabe100.jpg

 ●

全然覚えらんない。泣きたい。とりあえず寝よう。

PageTop