2月19日 新横江地区ワークショップ

おおよそ良かったので、次はビール飲んで肉食いながらやりたいっすね。ジビエール。

 ●

6時近くまで喋ってた。つーちゃんが喋りながら寝てたw
すげー疲れたので夕方まで寝てやろうと思ったんだけど、12時過ぎに起きてしまった。
疲れると寝る元気すら無くなるのか。

起きたらカツとかシュークリームとかが置いてあったので戴く。
くぼーんにも餌付けされている。

昼寝しようかと思ったけど全然できない。
ネタが溜まっていたので、ブログを書き進めることにした。

 ●

月齢ワークショップは、新横江地区や定次町の役員さんとの交流会。
なにやら良さげなバーが会場だった。ふだんの営業はしていないみたいだけど。

定番の「鯖江どう?」みたいな質問から、家ないっすかねーって話をして、
最終的には「みんなで楽しく飲めればいいんだよねー」って結論で締めた。
「ゆるさ」ってのは、言語じゃなくて、雰囲気で伝えるものだよなあ。

過去の地域おこし活動の話で、めがね会館付近を例年ライトアップしてたけど、
カネが無くなったのでやめた、って話が印象に残った。
みんな車ばっかりだから効果を感じないだろうけど、あそこ歩いてると暗くて困るんだよ。
俺はHana道場からの帰りに歩くときは、東鯖江のバローに寄って帰るからよくわかる。
まあ、電灯つけてくれればいいんだけど、駅からめがね会館の間くらいは綺麗に飾ってもいい気がする。

会話の中で、前市長の話、河和田の豪雨の話、市民主役条例の話を経て、
新横江地区や鯖江がこれまでどうしてきたのか、プランコンテストや、けもの会議の話が出てきた。

前に書いたけど、俺にとって「河和田」「けもの」「ミキティ」ってのは活動の柱に見えている。
室長がミキティって呼んでるのはここのブログネタだとしても、
地元の人が語る地域づくりの文脈に、「ミキチャン」が自然な恰好で登場しているのがマジで凄い。

 ●

帰ってきたら、くぼーんプレゼンツのビールに合いそうなおつまみで、飲み会が始まった。
名目は「雪遊び前夜祭」らしい。ちゃんと口実を作るあたりがデキルオトナっぽい。
枝豆、サラミ、ホルモン、焼き鳥など、買って楽しむような食材が新鮮。餌付けされている。

疲れが溜まっていたのか、22時半には寝ていたので、素直に布団に入った。

4時半に目が覚める。ヒーターをつけないで寝たら、部屋が冷え冷えだ。

7時にどっかのお寺に行く人と、9時50分に山うにまつりに行く人と、12時に雪遊びに行く人に分かれる。
もちろん俺は12時組だ。どうせ打ち上げもするだろうから、体力を温存しておくのだ。
夜にお風呂行く話が無くなったので、飯だけになるのかな。決めてないけど。

日曜は団地の綱引きに出ることにした。公式行事で関われるのは最後になりそうだし。
敦賀の空き家見学は他の人が行くみたいなのでお任せしようかな。
興味はあるんだが、またぞろぞろと行って、過度な期待を持たせるのも不本意だ。

PageTop