2月13日 ゆるい食堂 ゆめかわいい

気温の変化が激しい時期なので、無理せず休むことにした。


 ●

朝10時15分起床。なんか体調が芳しくない。
飲み会続きと寝不足で、体力が落ちているような気がする。
どっかからインフルエンザウィルスを貰って無いか心配だ。

ゆるい食堂の打ち合わせが急遽行われるとのことで、お迎えの車に乗って出発。
神名にある、おしゃれなカフェで珈琲を戴く。400円。
まず、この珈琲が自腹だというのが、ゆるパブらしいと思う。

会議の内容は、発起人さんの強い意志を感じられて、清々しい気持ちになった。
「カネのやりとりを一切発生させたくない」ってのは、まさに本質的だと思う。

サステナビリティとかいうけど、究極的には、
お腹減った張本人が「なんか食いたいー」って言えれば、ずっと続けていけるだろうなあ。
というあたりは、以前の記事で書いたな。

まあ、「なんとなく、楽しい」という水準を保ってる感がしたので良かった。
帰りにシャトレーゼでスペシャル苺ショートを買って、ますます幸せ。300円なり。

 ●

Hana道場のマネタイズ問題も同じで、今はカネの事を考える時期じゃないんだと思う。

子供教育のため、地域交流のため、伝統文化のためにやるっていうんなら、
まずはその目的に向かって清々しく突っ走っておいて、結果はあとからついてくればいい。

「明らかに良いことをやっているんだが運転資金が足りなくて困っている状態」
というのは、結構なんとかなるんじゃないかと思うんだけど、
「やる意味があるのか、何のためにやるのか疑問に思われている状態」
というのは、たとえその場の資金繰りがうまくいってても、結構脆弱な気がする。

まずは、近隣住民に十分に理解されて、沢山のファンがついている状態を目指そう。

 ●

本当は夕方4時から尾花屋に前日入りして、あわよくば体験宿泊してみたかったんだけど、
ちょっと体調が優れないので、万難を排して家でゆっくりすることに決めた。

漢方薬を戴いて、布団でごろごろ。何もしないって幸せだなー。
「ゆめかわいい」の文章表現について思いを巡らせたりした。

テスト勉強って何なんだろうなー。生きる上で似た概念のものってあるんだろうか。

 ●

5時間以上だらだらネットして過ごして、酒を飲まず、0時過ぎ就寝、10時起床。
こんだけ一気に眠れるあたり、やはり睡眠不足だったのかも知れないな。

PageTop