鯖江と観光

もしも、ゆるい移住が札幌で開催されていたら、という妄想。


 ●

たぶん全然面白くなかったんじゃないかなーと思う。

・そもそもワンルームで1万円台から借りられるので、ルームシェアする動機が弱い。
・業務スーパーはあるけど、近所のスーパーでも十分に安いし外国産の肉も売ってる。
・公共交通機関が発達しているので、車の送迎もカーシェアも必要ない。
・外食が安く種類も豊富なので、家で鍋をする必要もあんまり無い。
・観光都市として商業が確立されているので、一個人が出来る余地はあんまり無い。
・公共サービスが十分にシステム化されているので、それに従って利用すればいいだけ。
・町内会で芋煮とか運動会とかする必要もない。大きなイベントは観光客向けなので高い。
・都市部では農業もあんまりやってない。ものづくりも特徴的ではない。

ちなみに札幌市には体験移住事業は無いです。相談窓口くらいはあります。
http://www.kuraso-hokkaido.jp/taiken2015/
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ckk/iju-center.htm

 ●

こんなに完成された都市である札幌を真似して、鯖江をよく出来ないだろうか。
と、地図をにらめっこしたけど、特に何も思い浮かばなかった。

まず鯖江は交通が分断されすぎている。
福井鉄道、JR、国道、高速が川の字に並んでいて交わらない。
特にJRは西側にしか出口が無い。(道路は東側なのに!)

だから、ここを中心に再開発しましょう! みたいな地点を示せない。
強いて言うなら、JR鯖江駅の南側だけど、古墳があるね。
そして、JR鯖江駅は10年以内に三セク化して寂れそうなわけで。

結局、徒歩15分かけて道の駅に土産を買いに行くか、
駅前の団子屋の入ってるビルに、日曜もやってる土産物屋を作るかくらいしかない。

いまの鯖江は観光客や鯖江ファンに対して機会損失をしていると思うから、
もうちょっと何か手は打った方がいいと思うけど、それじゃ地域活性化は難しいわな。

それなら、ネットを使って外貨を獲得するほうが、まだ望みがあるような気がする。

PageTop