1月22日 焼肉

ルームメイトの元カノのことが結構好きになった。


 ●

後の祭りってやつだな。

 ●

昼間は何してたっけなあ。水汲みに行ってきたのは覚えてる。
日陰になるのでソーラーパネルつきのライトは設置出来ないことが分かった。
電気を取ってでも設置するべきか、やっぱやめとくか・・・。

夜は焼肉。久々に食った気がする。テンションあがるわあ。
なんか男2女2に揃えられてる感があったので、そのまま行ってきたけど、
やっぱりそういう楽しげなムードで、コイバナを満喫してきた。

帰ってきてからも楽しくって、ついつい日本酒を一升空けた。5人がかりだけど。
そしてマッカランにも手を出して就寝。翌朝は二日酔いでした。
森さんはビジネスがやりたくてしょうがないみたい。元気だなあ。

 ●

今日良かったのは、昨日の日記で心配してたことが杞憂だとわかったこと。

ゆるい移住メンバーを恋愛対象として見てくれる人がいるということは、
一概に、年収が少ない、女を部屋に連れ込めない、車を持ってない、でもダメとは限らない。
まあそりゃ、車はあったほうがいいけれども。

逆に気を配ろうと思った点は、恋愛は外でこっそりやった方がいいってこと。

みんなで合コンしてくっついたり離れたりすると、みんな兄弟になっちゃう。
節操の無い感じになることがあんまりエレガントだと思えないし、感情としてすっきりしない。
紹介したら取られちゃいましたとか、二股かけてましたとか、誰々のお下がりとか、
本当は好きだけどルームメイトとくっつけたくて我慢してますとか、そういうのが嫌。

つまり、こういう人が理想です。

・恋愛観や価値観におおよそ互換性があること
・男の年収額にとらわれずに、俯瞰的に生活能力を判断できること
・オープン団地に来ないこと、ルームメイトと恋愛する可能性が無いこと
・車を持っていて、助手席に座るより運転してるほうが好きなこと
・将来的に出産をしてくれて、子供に母乳を与えてくれること

あるいは単に、彼女じゃなくて女友達なら、一緒に遊んでて楽しければ十分だね。

PageTop