1月20日 炭水化物 家探し

野菜が無くなったので、粉モノばっかり食べている。

 ●

昨日はプログラミングスクールが始まったタイミングで抜けて、
キムラヤでイカスミパン、ささきでメンチカツ、ハムカツ、チーズ大葉を買った。500円!

思えばこのタイミングで、ささきの旨い肉を買っておけば良かったんだけど、
高い肉は自分が買う商品では無いという意識が脳にフィルタをかけてしまっていた。
なぜか東鯖江のバローで国産和牛を買おうというつもりになっていた。
18円のコロッケが頭の中にあったからかも知れない。これを「特売品バイアス」と言う。

食い終わったら凄い眠くなったので帰ろうかと思ったんだけど、
18時から越前市IJU課の方々が来て、プログラミングスクールをやってたので、手伝った。
「おおー」「動いたー」的な感動を共有出来たので楽しかった。

途中で大雪が絶望的な感じになり、自転車での移動は無理と悟ったので、
車で団地まで送って貰った。ついでにオープン団地にご入場戴いた。いえい!

団長がパーティーで肉を持って来てくれたので、鍋に誘ったんだけど、
よく考えたら野菜が無いので鍋が出来ない。
結局、晩ご飯は、お好み焼きと焼きそばとライスと味噌汁になった。関西スタイルだ。
こういうカロリー高そうな食事って意外にしてこなかったので、斬新に感じる。

 ●

食ったら眠くなったので、とっとと就寝。起きたら12時だった。
結局半日くらい寝てたな。

ローソンに郵便物を出しに行ったついでに、なぜかココイチのおにぎりが目に留まり、
コーラも一緒に買うと安くなるというので、ポイフルとチーズと一緒に買って550円。
昨日の買い食いよりも、金の使い方がヘタクソになっている気がする。
きっと給料で牛肉を買って帰るという体験が出来ずに、消費欲が溜まってるんだろうな。

 ●

今日は19時から月例ワークショップということで、取材も入るらしい。
俺らが家を探しているのはガチなんだけど、ぶっちゃけ質問に答えるのが面倒だな。

「どうして家を探そうと思ったんですか?」
「福井県鯖江市のどこが気に入ったんですか?」
「ゆるい移住は成功ですか?」

みたいなことを聞かれても、欲しい返事は得られないと思う。

俺たちはここの「新しい暮らし」が気に入っていて、
ルームメイトのみんなで仲良くなったと思っていて、
今の境遇にも満足しているからそれを続けたいと思っていて、
特にテーマを決めるわけでもなく、
自分たちが新しいブランドを作って活動することが楽しくて、
だから空き家を募集していて、住もうとしている。

愛着(と市役所の皆さんの個人的支援に対する恩義)がある鯖江市だといいな、
とは思うけど、別に武生でも越前陶芸村でも、家をくれるんなら断る気は無い。
ゆるい移住という事業をしているというより、俺たちはここに住んで生きているのだ。

 ●

昨日、まったく面識の無い、森さんのブログのファンの方から、
越前陶芸村に古民家を買ったので住まないか、という、問い合わせを戴いた。
住所的には越前町になるね。

すげー辺鄙なとこで、車が無いと生きていくのは無理そうなのだけど、
一応、車で8分のところに、織田ショッピングセンターメルシ、というスーパーがあり、
贅沢言わなければ、まあ、ここでも暮らしていけそうだ。
とはいえ、遠いし、Hana道場にも通えないから、出来れば鯖江市街地がいいけど。

でも、わがままを言うけれど、もし、どうせ使わない古民家なのだったら、
「ゆるい別荘」にして、横井さんちみたいにイベントスペース的に使ったりだとか、
応募が殺到して落選した二期生に「良かったら家あるけど?」って誘ったりだとか、
なにかしら俺たちの生活手段のひとつとして活用できそうな気がするなあ。

PageTop