寝仕事マシーン

30分おきに電車を乗り換えながら、ぼーっと考えていたこと。


 ●

もしも寝ながら学習が出来たり、仮想現実を楽しめる機械があったら、
人は、起きているあいだの時間を充実させるだろうか?
それとも、睡眠時間を増やして、ほとんど眠るようになってしまう?

寝てる間に仕事を済ませて、起きている時は遊びまくる?
あるいは、起きてる間に仕事を済ませて、楽しい夢を見る?

そんな機械のある世界の「仕事」って、どうなっているんだろう。
農業や林業は必要だ。接客業は、あっても無くてもいい。営業は?

今の世の中だって、ほとんどの仕事を本気で削減しようとしたら、
みんな結構、困るほど暇になっちゃうんじゃないだろうか。
じゃなかったら、スマホみたいな下らない暇つぶしが、こんなに流行らないよな。

PageTop