ネットで稼ぐ

「家が欲しい」「家賃リスク」の続き。まだまだ考え始めたばかり。

 ●

月6万円をどうやって稼ぐのか。

前回の記事では「時給いくらで何時間働く」と書いたけど、これは旧来的な価値観で良くない。
そもそも「時給」という概念、もっと言うと、会社に生活を保障して貰うこと自体が、おかしい。

えー、いい会社入って、ぼちぼち働いて、給料貰った方が楽じゃん!
って意見もわかるし、間違いでは無いと思うんだけど、
これだと「時間の大半を捧げて生活する」構図を崩せないので、主体的な人生を過ごせないのだ。

なので、いわゆる自営業の割合を高めておくことになる。
(良い働き方を労働者に提案出来る会社と繋がる、という可能性も否定しないけどね)

 ●

移住する前はブロガーも良さそうかなーと思っていたけど、今は考えが変わった。

ブログってのは閲覧数をお金に換えて儲ける仕組みになっている。
閲覧数ってのは、記事の内容は関係無くて、宣伝の仕方がすべてだ。
だから「一億円儲ける方法」みたいに嘘をついて欲を煽るか、
「お前のバーカ」とか感情を煽る、いわゆる炎上商法でお金を稼ぐのが手っ取り早い。

仕事のストレスから解放されたいと思って田舎暮らしを始めたのに、
気がついたらネットで赤の他人にストレスを与えて飯を食ってました、
なんて人生は、本末転倒だし、胸を張って生きていける代物では無い。

 ●

アフィリエイトじゃなくて、コンテンツ課金はどうだろうか。情報商材とか電子書籍とか。
毎月一冊本を作って、600円で売る。定期購読者が100人ついたら6万円だ。

たとえばこのブログの一ヶ月分の記事が600円で読めるとしたらどうだろう。
一記事あたり15円くらいかな。
Facebookの友達くらいにしかリーチしないと思うと、申し訳ない気がするな。

日本全国の体験移住に興味のある人に宣伝して売ろうとすると、
結局アクセス数を増やすために話題性づくりをしていく事になりそうだ。

「神々の遊び」は、内輪ウケ感が強いので、人を選ぶコンテンツかも知れないなあ。

 ●

クラウドソーシングは単価が安い。6万円稼げるのは数万人に一人というレベルらしい。

クラウドソーシングライター平均月収は10000円以下?~ネクストアド
http://www.nextad.co.jp/writer002

ネットで誰にでも出来る仕事というのは、かえって移住生活と相性が悪いみたいだ。
自分の持ち味を活かすことで、ある程度金額の底上げをしないと、時間の浪費になる。

むしろ、こんなに安いなら、雇う側になった方が儲かるんじゃないかって気さえしてくる。

 ●

ECサイトを始めるとか、ヤフオクに出品するとか、
モノに絡んだ仕事のほうが、まだ狙う余地はあるかも知れない。
身の回りに材料は沢山ありそうだしなあ。

PageTop