12月25日 センサー 子育て クリスマス

イヴイヴから始まったクリスマス三日間。だいぶ充実してたなあ。


 ●

12時くらい起床。たぶん。覚えてない!

食事はたぶんパン耳。自家製ゆず柿ジャム。うまい。もう買わなくていいね!

だらだら喋ってたらピンときたので、ブログを書いた。

 ●

予定より早めに、福野お兄さんが自宅に到着。
「福」と刻印されたチーズケーキをくれた。珈琲を淹れて戴く。

センサー開発の最近の事情とか作戦について話した。
SIMの価格が月額300円になるってことは、中古スマホ本体とあわせて、
一万ちょっとでデバイス一式が揃うってことになる。
何か始めるときの初期投資としては破格だ。

最適なデバイスは何だろうなあ。
古いAndroid端末でカメラだけ使って、サーバで画像解析すればいいのか。

 ●

その後、鯖江市の子育て支援センターに行った。
西山公園の管理事務所は知ってたんだけど、同居してたとは知らなかった。

中は設備が充実してるし、景色がいいし、広い。
リサイクルコーナーなんてのもあって、不要になった服とかが仕舞われている。

今月頭にやってきたコーポレートフェローシップのかたが、
子育て支援アプリとして、保護者の方向けのイベント案内アプリを作ったらしい。
http://fukuno.jig.jp/1233

こういうのを入口にして、地域の人にITとの接点を持って貰った上で、
有用な情報を提供して生活の向上の図れないかみたいなことを考えてるようだ。

 ●

合流と挨拶も済ませたので、場所を鯖江市役所に移して、打ち合わせ開始。
FBCの方が撮影しにきてたけど、俺の髪はびよんびよんであった。

なんでIoTの話に、ゆるい移住が参加しているのか? って話だけれども、
これは単純に、センサー開発が主な要素だからだ。
オープン団地にセンサーつけたいって話が、ここまできちんと膨らむとは。
自分の立っている場所が新しい可能性と、ちょうどよく繋がっているのだろうな。

会話の中で個人的に熱かったのは、地域別、子育ての見える化ゲーム。
オープンデータを変数にしてゲームを作るって発想がいいよなあ。
そしてやっぱり、ゲームというよりは、シミュレーターなのであった。

このあたりの話って、実は俺が「田舎とIT」でぐぐった時に欲しかった知見だし、
観光都市開発ゲームを作りたくなったときの情熱に近い感覚なんだよね。

とりあえず直近ではFacebookにグループを作ろうって話と、
2月上旬を目標に鯖江でイベントを開いて進捗をお披露目しようって話と、
sabaewifiのある中でセンサーを使った何かをしようって話がまとまった。

 ●

なんとなくわくわくした所で、帰りに福野さんにバーに寄って貰った。
10月の合コンの二次会で行った、商店街のFreeという店だ。

毎度ながらドライバーを前にしてビールを戴くという狼藉三昧を繰り広げつつ、
厨房の復活したお店で、手心を加えた鯖缶とか、美味しいおつまみを戴きつつ、
福井は食べ物が旨いから、そのへんのスーパーの食べ物とかを、
生産地とかを明らかにして(トレーサビリティってやつだな)、
買ったものを定期便として売るだけで商売になるんじゃないかって話をしていた。

まあなんというか、いかようにでも食って行けそうだなーって気がする。

 ●

つーちゃんが「クリスマスは教会でしょ!」と言って朝から調べていた。
ホームページを見たら12月25日が水曜日になってて、
「これ今年の情報じゃないやん! 全然更新してないやん!」と騒いでたんだけど、
結局夜に団長の車に乗って、男5人で北鯖江の教会に押しかけた。

ら、なんか真面目な説教の時間っぽかったので、腰が引けて帰ってきた。

「さばじょ」で、カラオケを2時間楽しんで、一人200円。
プリクラ撮ったら俺がむっちゃ美白効果で可愛くなっててキモくてうけた。

 ●

オープン団地に来てた人が、Facebookで交際宣言を発表していた。
結局そういうことだったんだなー。
まあ、いい距離感ってあると思うの。どうぞお幸せにしてください。

 ●

森さんが、俺たちでやるネタをリストアップしてた。
暖めないで、ツイッターで始めていけばいいんじゃね、ってなって、
オープン団地のアカウントを取得。

夜中に「ふわっち」をやってみたら、ラグが少なく快適。
コメントくれる人もいて、動画配信が成立した事でちょっと盛り上がった。

でもまあ俺たちは面白い番組を作ろうみたいな気概はゼロで、
ただひたすらだらだらやっていたいという感じなので、一見さんには楽しくないかもね。

PageTop