テラスハウス

男女関係のトラブルの話で、面白おかしく書いたりはしていないものです。

 ●

最初に言っておく。

江戸しおりが男女関係のトラブルについて、
誰々を出禁にしろだとか、あいつむかつくだとか言ってても、
それを真に受けて他人に危害を加えた時点で、悪いのは実行した奴だよ。

「江戸しおりが文句を言ってたから、よかれと思って攻撃しました」
と言ってしまったら、江戸しおりが責任を取らないといけなくなるのよ。

誰の何を守るのか、ということをよく考えないと、
正義とか人を守るとか思ってやったことが、かえって当事者を追い詰めるのです。

守護者ぶって騒ぎ立てるくらいなら、適当にほっといたほうがマシ。
何か具体的な行動に出るんじゃなくて、気持ちのケアをするだけなら良いと思うけどね。

 ●

代理戦争は続いていた。

前回、「参加者同士のトラブル」の中で、


住人からCさんに指摘をしないといけなくなって、あまり良くない。

と書いたのだけど、実際にそれが起きてしまっていたようだ。

AさんとBさんが起こした問題について、CさんとDさんが言い争いをしている。
別に元の喧嘩がどうとかじゃなくて、各々に自身の思惑があるから、まとまらない。

さらに、今度は「住人と参加者のトラブル」だ。住人のほうを救わないといけない。

 ●

このトラブルについては、今までにも飲み会の場で電話が飛び交ったりしてて、
オープン団地に出入りしている人なら誰でもある程度触れている話題だ。

それでよく「あいのり」とか「テラスハウス」みたいだね、と言われるのだけど、
確認したところ、部屋にいた3人とも、テラスハウスを見たことが無いというので、
珈琲でも飲みながら、試しに見てみる事にした。

さすがテラスハウスというだけあって、オシャレなところに住んでいる。
肝心の恋愛については・・・移住女子メンバーの少なさを嘆かずにはいられない。

 ●

でも今この部屋で起きていることは、男女のトラブルによる精神的消耗だ。
「女が欲しい」とか言ってるけど、ネタで騒いでるだけだよね、というように、
トラブルが起きない方向への舵取りが始まってしまっている。草食化。

そんな中、当事者が、何人かの市職員に男女のトラブルのことで愚痴ってしまっていた。
こっそりやってたならともかく、ゆるパブでもそんな調子だったので、
あいつどんだけ周りの人を巻き込んで、見苦しい非難を続けていくのだろう、という印象だ。
(本人は単にオフレコな愚痴くらいの軽い気持ちで言ってるんだろうけど、TPOをわきまえてない)

本人は「(トラブルの相手を)追い出すつもりは無い」と俺たちに宣言したのに、
結局やってることは陰口と根回しじゃないか、というように受け止められても、おかしくない。

 ●

というようなムードの時に、結構悪いタイミングで、市役所から注意がかかった。

これが特定個人に対する市役所からの攻撃であったり、
ましてや当事者が自分の立場を利用して市役所を動かしたのだとしたら、
今度は市役所自体の正当性というものが疑われてしまう。

そこで俺はきちんと、担当さんに、男女のトラブルによる注意ではないことの裏を取った。
夜中に布団で寝て朝に帰るやつと、深夜に来て朝まで喋るやつは、いずれも注意対象なのだ。
注意の意図が、あくまで団地での生活を守るためである、ということも確認した。

 ●

住人だけで話し合った結果、独自の基準で、参加者に対する悩みを持っていたことがわかった。
そのことが今回の一連の騒ぎの中で浮き彫りになった事は良かったと思う。

誰かの私物が部屋に置かれていることを、当初から快く思わなかった人もいた。
それを話し合って吸い上げて解決出来なかったことは、部屋の自己管理の反省点だろう。

 ●

人気ブロガーだろうが、経済効果があろうが、住人の扱いに貴賤は無い。
住人にとっての主役は自分自身だ。
目立つ人のために自分を殺して尽くしたり、屈辱を受け入れたりすることは、ありえない。

だからこそ俺たちは、第一に自分たちの部屋を守らないといけないし、
住んでいない人が我が物顔で部屋を仕切らないように調整しなければならないし、
トラブルに巻き込まれて自分の立ち位置を見失うことがあってはならないのだ。

その上で、願わくば、俺の「全員ウェルカム」のスタンスが続けられますように。

PageTop