12月13日 美山フォーラム

どこでも問題意識と解決案は同じで、あとは効果の上げ方の差かなあと感じた。

 ●

朝8時頃に、お嬢ちゃんにスキンシップで起こされる。
俺は慌てて自分の名誉を手で抑えて守った。危うく事件になるところであった。

今日は早くから遠くにお出かけ。京都だ。
第10回美山フォーラム。南丹市美山文化ホール。
車で2時間半から3時間くらいの場所だ。
京都と福井は一応隣同士なのだ。という事実は、小浜を過ぎたあたりで自覚した。

俺も昨晩は3時半まで起きてたんだけど、みんなは6時過ぎまで起きていたようだ。
ドライバーの一平パパは10時くらいから3時くらいまで寝てたけど、睡眠時間足りてるんだろうか。

駐車場に集合したら、懐かしい人に出会った。のだけど、すぐ名前が出てこない。
「普通の人」は団地に招いても刺さらないんじゃないか、とか言っていたけれども、
そうやって自分のほうから萎縮するのは良くないので、きちんとパーティーに誘おう。
Facebookには告知してたけど、LINEで繋がってる人には告知できていなかった。反省。

 ●

車の中はお子様が大活躍で、俺は腰が死んだ。
実家のトゥルースリーパーを持ってこなかったのが敗因だ。
年始に帰省するまでは団長のを(勝手に)借りることにしよう。

我々は、誘ってくださったドライバーの一平パパ、娘、息子、しおりん、兵庫のルームメイト、
そして俺の6人で行ったんだけど、子供が騒ぐのでかたい公演には参加させることが出来ず、
結局俺ともう一人くらいで、かろうじて講演に参加しているような状態になった。

しおりんはブログネタにでもするのかと思ってたけど、子供と遊ぶほうに本気を出し始めた。
何時間もかけて何しに来たんだって感じだけど、本当に楽しそうだったのでそっとしといた。
俺も、道の駅で美山限定の生八つ橋を手に入れたので、今日のミッションは達成済みだ。

 ●

講演は、資料は綺麗にまとまっていたが、進行はひたすら退屈だった。かたいというか。
問題意識とか取り組みの方向性とかは、どこも似たり寄ったりだなあと思った。

ありたい状態を思い描いて、地元の人の意識を変えて、都会人を巻き込んで、
人を大切にして、愛と信頼を育んで、職種や地域を超えて関係を結んでいきましょう、って話。

まったく田舎移住とか地方創生をやった事無い人にはぜひ見て欲しいけど、
自分としては目新しい話ではないので、昼に食った唐揚げ弁当の消化に力が入っていた。
あ、講演で美山牛乳を貰ったのは良かったな。葉っぱのジェラートも良かった。

正直言って、ゆるい移住メンバーから3人も出かけるほどの会議体では無かったかも。
参加者も、大学生と地域の高齢者に二分化しているように見えた。

うーん、「ゆるい」というキーワードは、大きい付加価値なんだろうなあ。

 ●

しおりんがロビーのベンチで倒れていた。
子供と遊ぶのに本気なんじゃなくて、実は具合が悪かったんだそう。
「私熱いですよね?」って聞いてくるけど、それほどでもない。
顔だけ見ると具合悪そうなんだけど。

なんか俺も風邪が移ったような気がして、鼻水と咳が止まらなくなった。
そういえば昔、しおりんが付き合った彼氏がみんなアレルギー反応を示してたらしいな。

一人が退席して薬を買いに行き、退屈なパネルディスカッションを見ているのは俺だけになった。
みんな持っている原稿を読むだけで、質問する人もいなく、粛々と終わってしまった。
これだと単なる発表会だなあ。もうちょっと上手に出来そうだけれども。

帰りがけにも、美山の牛乳を戴いた。これは美味しい。

 ●

終了後、京都駅に一人を送りに行き、特に観光せず帰還。
子供も「ちょっと散歩したい」と言ってたけど、疲れと風邪があったので無理は止めた。
まあドライブを楽しんだってことで。

お土産屋で、生八つ橋のあんこの無いやつを買った。368円。
男子部屋へのメンバーからのお土産としてはちょうどいいだろう。

団地には10時頃到着。
別働隊が下新庄でゲットしてきた食材が沢山届いていたので、
すき焼きとおかゆを有り難く戴いた。結果的に一日三食だ。

お腹もいっぱいになったので、ちょっと喋って割と早めに寝た。
23時に布団に入って、24時過ぎには眠った感じかな。

PageTop