MOVERIO BT-200

鯖江市役所から借りたので、まずはレビュー。


 ●

メガネの装着感は鼻フックが独特で、まだ慣れない。
うまく装着できると、視界の中央に小さく画面が登場する感じ。
上下左右の視点変更は多少追従してくれる感じで、特に上下はよく反応している。
タッチパッドは使いにくく、カーソルの移動に結構イライラする。

メニューとかを見る限りは、普通のAndroidスマホを横にして使ってるのとほぼ変わらない。
ネットに繋ぐための設定とかも、特にマニュアルを見ずにいつも通りできた。
ソフトキーボードの操作が結構鬱陶しくて、WiFiのパスワードを入れるのに手間取った。

バッテリーを充電すれば、壁から離れて使えるのだけど、満充電まで5時間かかるらしい。

試しに動画を観てみたけど、それなりに没入感がある。
逆に言うと、メニューが出てるだけで結構視界を奪われるので、
人と話しながらこっそり動画を観る、みたいな使い方は出来ないと思う。
外を歩きながら暇潰しをする、なんて使い方も無理。
景色を見ながら案内を画面に表示する、というのも厳しいと思う。

カメラがついてる。画質はかなり荒い。でも画像解析に使えるなら強力だと思う。

 ●

んー、試しに何かアプリ書いてみるか。

今の状態だと、ただのAndroidなので、いろんな情報を一手に取り扱うアプリが欲しい。
OSのメニュー画面にウィジェットを並べるように、情報を配置できればいいのだけど。

たとえば視界の右上に常に時間を表示するアプリを書いたとして、
その時計の下に現在の住所を表示するアプリを書いたとして、
両方のアプリを同時に起動して、時間と住所を両方表示するのって、無理だと思う。
だから「時間と住所を表示する」という1つのアプリにまとめないといけない。

将来的には「めがねOS」とか「めがねシェル」みたいなのが出来るとして、
今のところはその試作品をアプリで実装するみたいな感じになるんじゃなかろうかね。

ファームウェアのバージョンがR1.1.2で、これは開発用では無いっぽい。
apk入れれば動くんだろうかね。あとで試してみよう。

PageTop