五十日坊主

あっという間に50日だよ! 月末もすぐ来そうかも。


 ●

日常について。

「鯖江でバイトをする」という概念を得た。
まだ始まってないのでどうなるかはわからないけど、収入の概念が加わるのは大きい。
週2回バイトをしたら、一か月生きていける、という計算が成り立つことがわかったからだ。
たぶん求職活動とも並行できると思う。フルタイムで働くのは望んでないけれど。

12月からバイトをするとしたら、ためしに一か月だけ、超細かく終始記録をつけようかな。
買い物もイベントも無い月の支出って、凄い面白いことになるんでないかと思う。

「月収15万」って、貧乏とか、可哀想だとか、馬鹿にされる金額って感覚があるんだけど、
5万で生きていけるって事になれば、15万なんて大金のために働くのがバカバカしくなるぞ。

 ●

会計について。

フリーライダーの是非、みたいな懸念はあるのだけど(別の記事で書こう)、
ゆるい移住においては、思い切って「参加無料、持ち寄り任意」の路線を打ち出そうと決心した。
なんか持ってきてくれる人が居たら美味しく戴いて、いなければ水を汲んできて飲むのだ。

よくよく考えると、俺たち自身も、結構なフリーライダーなのだ。
だから、部屋に遊びに来る人が、手ぶらで来やがっても、それを咎めるのは釣り合わない。

最近見つけた「僕が誰かに必要とされているなら、飯は貰って生きていけるだろう」って人ほど、
自分の身を試すような生き方をするのには抵抗があるけれども、
それでも「生きていくのにカネや取引は要らない」って線は、結構いけそうな確信がある。

「稼いだバイト代で行けるイベントを選ぶ」ってのも、楽しい体験になるような気がしている。

 ●

収支については別記事にまとめてみた。頑張った!

 ●

来春以降の移住生活について。

若新さんが「年明けに予算がついたら、一期生にも協力して貰って何かしたい」と言ってたし、
ゆるパブに来られた福井大学准教授さんに「池田町なら空き家紹介できるよ!」とか言って貰ったので、
3月31日に「うおー家なくなりました!」ってFacebookに投稿したら、なんとかなりそう。

シェアハウス事業計画を進めることは、頭の整理にはちょうどいい。
河和田よりは街中に住みたいとか、水汲みたいとか、たまには旅行にも行きたいとか、
週末移住を受け入れる場所でもありたいとか、宅飲みしたいとか、やりたいことを見つめ直せる。

なので、それはそれで進めておきつつ、よさげだったら協調していけばいいかなと。

 ●

ITについては、せっかくなので、鯖江でIoTを始めてみようかな、と思った。
電子工作とか苦手だったけど、趣味としてなら楽しめそうかなーと。

なまじソフトウェアの専門家をやっていると、出来て当たり前だと思われるから、
素人っぽくガジェットをいじるのっと恥ずかしいんだよね。

スマホもそんな感じで苦手だったけど、鯖江に来てから随分使いこなしてる気がするし。

いままで本業だった技術分野については、まあ楽しく続けていこうかなと。趣味かしらね。

 ●

ペーパードライバー克服についても、必要になってから覚え始めてもいいかなあと。

なんか、田舎には車が必須っぽいから、どこに住んでもいいように覚えておこう、
という感覚は、今の暮らしにはそぐわない。

新居に引っ越しして、不便だから、車買っちゃおう、運転しよう、ってなれば、
嫌でも乗り方なんて覚えていくんじゃないかなー。

 ●

このブログについて。

俺はダラダラと日記を吐き出せる場所は捨てられないので、これはこのままいくんだけど、
ぼちぼちFacebookに投稿出来る、本名とも結びついた、しっかり清書したブログも、
書き残して行った方が面白いんじゃないかな、と思うようになってきた。

一日二回も三回も、ゲロみたいな記事をFacebookにシェアしてたら友達減りそうだから、
週イチニくらいできちんと恰好のついた共感を呼び込める立派な記事を書く場所みたいな。
そういうの、ほとんど書いたこと無いから全然わかんないけど。

PageTop