シェアつれづれ

空気入れ、一人暮らし、太陽光発電、余る農作物、最適人数、目標年収。


 ●

「ゆるい」が目的で、「シェア」が手段。
そんな「シェア」について、メリットを挙げてみよう、と思って書いてたら、
思った方向に行かなくて話題が散らかってきた。

 ●

ルームメイトと自転車の空気入れの話をした。

集会所に空気入れないですか、って聞いたら、区長さんに、
「集会所には無いけど、どこのうちにもあるよ。うちのを貸してあげよう」
って言われたんだって。

空気入れなんて、団地に一つあれば十分だろうに、
みんながそれぞれで買ってるのは無駄なんじゃないかな、と。
そういえば、札幌で住んでたマンションでは、駐輪場で空気入れが共有されていた。

 ●

地方創生では「田舎で育った若者が都会で一人暮らしを始めること」を問題視している訳だけど、
「都会に行くこと」よりもむしろ「一人暮らしを始めること」に弊害がある気がする。

ゆるい移住の一ヶ月の費用が確定したので、半年の合計額を試算したんだけど、
一番長く居住する俺の半年の総額が、28000円くらいだった。月あたり5000円!
同条件で3LDKに月6万円の家賃を払った場合、月あたりの費用負担は17000円になる。

東京でも、家賃12万の3LDKに6人で住めば、一人2万円だ。
ここに水道光熱通信費を足しても、3万円にはならないだろう。

つまり、ルームシェアのメリットは、田舎よりも、むしろ都会にある気がする。

 ●

太陽光発電についても調べてみた。
すごく都合の良い計算をしたとして、キロワット単価は30万円。
平均4kWの設備を導入するものらしいので、初期費用は120万円。
これを国が35円で10年間買い取ってくれるので、元が取れるという仕組み。

ゆる彼が鯖江市長に売り込みに行ったけど、市長は「売電じゃなくて自家消費だ」と仰っていた。
税金を投入するだけの誘致って、税金が途切れたら終わりだもんなあ。
メンテナンスにはコストも必要だし、ブレイクスルーが起きないとも限らないし。

あるいは、市は売電価格の固定によって負担が増える立場って可能性もある。
一般家庭から電気を買い取ってるのは、実質的に誰なんだろう?

あともう一つ気になるのは、4kWの設備から得られる月収が6千円に過ぎないこと。
かといって10倍の設備を持っても買取価格は10倍にならないし、初期費用は10倍かかる。

太陽光発電は、自給自足って観点では凄くいいと思うんだよな。
電力会社の値上げに苦しまなくて済むとかさ。
なので、もうちょっと安くなって、気軽に導入出来たらいいのになーと思う。

でも「太陽光発電の研究を頑張りつつ、当面は原発を稼働すればいい」って方向は、
原発利権と太陽光利権が分かれてるせいで、協力して取り組むのは難しいんだろうな。

 ●

農作物は「食べれないほど余ってる」のだけれど、
「畑の維持のために作らないわけにはいかない」ものらしい。

売って儲けられればいいんだけど、同じ地域だと作物や時期は被るし、
他の地域に出荷しようとすると流通コストがかかってしまう。

これは、スーパーで野菜を買うんじゃなくて、地元の方と物々交換でもしたほうが良さそうだ。
問題は、戴く野菜のかわりに何が提供できるのか、ということだけれど。

「忙しい時に農作業を手伝う」ってのも一理あるかも知れないし、
全然違うところで、農家の人が金銭的負担をしているものを肩代わり出来るかも知れない。
あるいは、生きていく上で必要な何かを効率的にすることで利益を得るとかね。

 ●

「ゆるい移住」の面白いところは、共同生活に適した人数が体験できる所だと思う。
今日からはとうとう常時4人になる。部屋数を上回るわけだ。
一時的には6人いたこともあるけど、あれが毎日続くと苦しそうでもあった。

でも、昼間に出掛ける人と家にいる人ってのが分かれてるので、
寝るときは相部屋でも、昼間は個室状態で使えたりもする。絶妙なバランスだ。

まあ俺の感覚だと、それも含めて、3LDKに6人ってのが限界かなーと思う。
ゆるい移住は「毎日いる人」の最大人数は、実は6人なのだ。

そしてたぶん、参加人数は6~11人、居住人数は6人、一部屋あたり1~2人、
というバランスは、ゆるいシェアハウスの最適人数のような気がする。
これが仮に3人でのシェアになると、生活費の折半の効果は結構薄くなる。
それでも一人暮らしよりはずっとマシだけどね。

さらに欲を言えば、3LDKで6人よりも、6LDKで6人のほうが快適だろうな。
でも、山奥の6LDKと、駅近の3LDKだと、どっこいかも知れない。

 ●

6人でシェアすると合理的なものって、何があるだろうか。

・部屋(リビング、トイレ、シャワー、家具家電)
・車、自転車、空気入れ
・農業
・仕事?
・育児?

仕事について一つ思うのは、安い時給のフルタイム労働で消耗したら、
それはそれで、せっかく田舎暮らしを選んだ良さが損なわれてしまう気がする。

ルームメイトのイメージした一つの数字が「年収200万」なんだけど、
これだと、フルタイムなら時給1040円。正社員なら初任給以下。
奇しくも、若新さんの「ゆるい就職」で狙ってる数字には近い。週3勤務で月収15万。

ちなみに「週3勤務で月収15万」の場合の時給は1562円。
まあこのあたりが、若者スローライフのちょうどいい収入なんでなかろうか。

ちなみに月収15万だと手取り12万ちょいっすね。

PageTop