10月31日 ハロウィン ジブンゴト 凱旋

オープンガバメントサミット2015 in 鯖江。

 ●

朝は8時起き。
濃厚な夢が2本立てだったので、なんか全然寝た気がしない。

時間を作って「トイストーリー」と「アナと雪の女王」を観ようと思ってたけど、
ぜんぜんそんな暇も無いまま、支度して、サンドイッチの残りを食って出発。

同居人はちゃんと予習していた。偉い。
俺はトイストーリー全部観たんだけど、すっかり内容は忘れてました。
おかげで同じ映画が何度も楽しめるので、これはこれで幸せなのです。

 ●

15分くらいかけて移動して、1時間半くらい歩いてゴミ拾いをした。
我がゆるいチームはゴミの量はボチボチだったけど、
アナとウッディがベストドレッサー賞を戴いていた。エルサは風邪でお休み。

なんかまわりで風邪が流行っているようだ。
季節の変わり目なので、少しも寒くならないように、みなさん気をつけよう。

楽しく表彰式やらジャンケン大会やら記念撮影やらをして解散。
帰り道で貰ったお菓子を食べてたらゴミを落としそうになった。本末転倒。

結構運動したからか、足がガクガクになっていた。俺こんな弱かったっけ?
旅行中は3時間くらい歩いたりするんだけどなあ。寝不足かなあ?

 ●

小一時間昼寝して、オープンガバメントサミットへ。また自転車だー!
到着したら既に市長が登壇して喋っておられた。また遅刻だー!

三部に分かれて、ぜんぶで5時間近くの長丁場なサミット。
それぞれ色んな人がいて興味深いんだけど、
なんかどうも言ってる事はみんな同じような気がする。

主体的に取り組もう、自分たちでやっていこう。
自分が変わるためには、客観的なデータと、何より他人との関わりだ、って話だ。

第一部の中で「ぜんぶジブンゴト化」というキーワードが出てきた。
俺は内向的な性格なので、ジブンゴトから始まっているんだけど、
そうなると逆に、ジブンゴトに社会的意義を見いだす事が難しかったりする。

それで「【俺が】鯖江に住み続けたいからシェアハウスできないかなー?」と思ってたのが、
だんだん色んな人に会っていって、助け合いの精神に触れる機会が増えてきて、
みんなで同じような危機感と問題意識を持って、
その解決策に、自主性と協調性を挙げているのを目の当たりにするにつれて、
「これってみんなで何か出来そうじゃないか?」
「俺が、だけじゃなくて、【みんなが】幸せになれるんじゃないか?」と思うようになった。

そう考えられるようになったのって、鯖江のおかげなんだよね。

今まで俺の人生は、プログラマーとしての腕一本でやりくりしてきた。
なので何でも一人でやるのが当たり前だったし、それが立派な自立だと思っていた。
他人に頼る時にはまずお金を稼いで、それを支払うことでサービスを受けるのだ。

そういう価値観が良い意味でぶっ壊れ始めてて、
今はなんか、人と関わってる方が、一人で居るより、楽だし、うまくいく気がしている。
自分と違ったものが、拒絶されずに、肯定的に結びついていく感覚というか。

 ●

夕方にサミットの感想を聞かれたので途中で公開した。
夜に部屋で飲んでたら目の前でスマホいじってる人に「続きまだですか」って言われた。
いやいや、飲んでる最中に続き書かんわww

以下は続き。

 ●

夜は懇親会。千円。こっそり梵を戴いた。うまい。
市長が来て注いで下さった。今朝のゴミ拾いを褒めてくださった。ほんと市長は神。

全国にゆるいシェアハウス作って好きなように行き来するのが最近の夢だけど、
その足がかりになれる都市は、イノベーションを推進してくれる鯖江だけなんだと思う。
今の部屋にも河和田にも拠点があって行き来出来ます、ってのが直近のゴールかも。

メガネ型ルーペを探していた方がいらっしゃったので市議に聞いてきた。
withの方が西山公園にある道の駅で売ってると教えて下さったので伝えてあげた。
なんかそんなこんなでじゃんじゃんFacebookの友達が出来ていく。
名前書いたら検索できるので、やっぱり名刺は用意したいなあ。
それか、誰と会話しててもスマホ出してフルネームを聞く勢いをつけるかだ。

なんか、鯖江来てから、Facebookが面白いわ。
これはリアルで活動している前提で、それを補完するために使うものなんだな。

 ●

結構食事が余ってて持て余し気味だったので、戴けないかと思いつつモテるようにまとめる。
片付け手伝ったりモップがけしたりしてアピールしてたら、持って帰らせてくれた。
めっちゃ旨いパンと、お菓子と、飲み物を大量にゲット。英雄の凱旋じゃあ!

というわけで、夜はいつも通り宅飲み。金土はだいたいこうなる。
足がまだガクガクなんで、明日の河和田は諦めよう・・・。
体調の様子を見つつ、大丈夫そうだったら人形浄瑠璃を見に行こうと思う。

PageTop