10月15日 晴れ

読書が捗っている。そしてやっぱり誰かいるほうがいいな。

 ●

時間を持て余した上に人が居ないので、女子に外出を仄めかしてみたら、
「靴を洗って乾かしてるので外に出られない」と断られた。残念!

 ●

昨日は夕方は仕事。夜に本を2冊読んだ。

「金持ち父さん、貧乏父さん」を読むのは、実は初めて。

内容は良いんだけど、文脈の大半で、サラリーマンを否定している。
でも、金持ち父さんは、サラリーマンを安月給で働かせることで富を得ているんだよな。
頑張って被支配層から支配層に変われよ、ってのが話の主旨なんだけど、
これはどうも、被支配層が多いことが前提になっていて、必要悪として活用しているようだ。

こういうの読んで脱サラに憧れて、労働者を馬鹿にしたり、
独立したけど結局仕事に追われていたり、ほぼニートなのにブロガーぶってたり、
というのが蔓延している世の中を見ると、どっちがいいのかわからんな。

ぐいぐい引き込まれるストーリー構成が凄く良い本だとは思うけれど、
「度胸」にあたる部分の説明は、いささか無責任に感じられた。
ひたすら勉強しろ、というようなことは書いてあるのだけれどね。

 ●

23時半就寝、7時半起床。
誰もいないはずなのに、なぜか散らかしたままの台所が片付いている。
夜中に誰か帰ってきて、翌朝には出て行ったってことなのだろうか。

移住体験なら、週末だけ参加すれば十分味わえるような気もするな。

昼間は仕事。夜は同居人の夕食。癖になりそうだぜ。
食事に対して自分がどれだけルーズなのかを日々実感する。

今日は「お金持ちになれる、黄金の羽根の拾い方」を読んだ。
面白かったけど、これは人前で感想を書くような類の本では無い。
2002年の本だし、陳腐化してるから安全だろう。ということにしておこう。

明日に来る予定だった一人から、今夜帰ってくると連絡がきた。
なんだかんだいって住んでる人が少ない気がするので、誰か来るのは楽しみだな。

 ●

夜は楽しく二人で飲み会。
来るときにビール持ってくるあたりがニクい。
おかげで、まったりと在庫のおつまみやお酒が空けられていくのだった。

でも、入れ違いで外出した同居人が帰ってこない。
連絡を取ってみたら、帰るか帰らんかわからんので鍵をあけといて、と言う。

電気の自由化だか小説の翻訳だかというテレビ番組を流しながら、
移住とか別荘生活とか、鯖江の豚肉や銀杏について、とりとめもなく話していた。

時間も2時をまわり、お酒もいい感じにまわり、随分と眠くなってきた頃、
どうも玄関から音がした気がして、ドアスコープから外を見てみた。
なにやら男女のカップルが居て、手を繋いでどこかに行ってしまった気がする。

あれは何だったんだ? そして、なんでどこかに行ってしまったんだ?

と不思議に思って、呑んでた相手に話しかけたんだけど、
すっかり寝ていて反応が無かったので、まあ俺も寝ることにした。

PageTop