鯖江ってどこ?

公共交通における「都市間距離」の話。

 ●

伏せ字とは何だったのか。

あ、話題にしていた「公式ブログ」というのは、これを指します。
http://yurui-iju.net/

リンクしないのは、リファラ消しのため。
半日悩んだけど、ここは「そっと書く」のを細々と続けていこうかと思ってます。

今回の記事は、公式リスペクト(という名の感想文)です。

 ●

公共交通における「都市間距離」は、物理的なそれとは異なる。

たとえば、札幌から東京までの直線距離は、およそ800kmらしい。
自動車道だと、1164.7km、15時間6分。
新幹線と特急だと12時間かかるけど、飛行機だと4時間弱でつく。

4時間弱の内訳は、札幌から新千歳空港が、15分間隔で30分。羽田から東京駅が1時間。
チェックインが30分前厳守で、搭乗から着陸までが1時間半強。

つまり、空の上にいる時間と、電車に乗ってる時間だけでも、後者の方が長いわけだ。

 ●

では、札幌から鯖江の距離はどのくらいなのだろうか。
飛行機なしでの移動は現実的ではないので、必ず新千歳空港から移動するものとする。

ジョルダンによると、最短経路は、こうらしい。

千歳→羽田空港→小松空港→小松駅→鯖江

なんと飛行機が乗り継ぎだ!
那覇なら直行便が出ているしモノレール直結なので、鯖江の方が遠いぞ。

それに、飛行機の乗り継ぎって結構疲れる上に時間を取られるので、
飛行機が一本の場合での最短経路を調べ直す。着地の空港を12時に出るとしよう。

さて、どこが一番近いでしょうか。近い順に並べ替えてみよう。

・羽田
・名古屋(中部国際空港)
・関西空港
・伊丹空港
・神戸空港

 ●

答えはこちらです。()内は乗換駅。

羽田 3時間50分 14,737円(品川、名古屋、米原)
名古屋 3時間44分 6,930円(名鉄名古屋)
関西 2時間42分 8,390円(新大阪)
伊丹 2時間48分 5,930円(京都)
神戸 2時間58分 6,350円(三宮、京都)

意外に横並び。これは選び甲斐があるね。
そして残念ながら北陸新幹線は、東京金沢間だけで3時間以上するから選外しました。

 ●

さらに、「距離」の概念に、費用も加味してみよう。青春18きっぷ検索だ。
羽田はさすがに遠すぎるので外した。

名古屋 4時間19分+37分 3,020円+870円(名鉄名古屋)
関西 5時間17分 4,220円(大阪、敦賀)
伊丹 4時間11分 3,350円(尼崎、京都、敦賀)
神戸 3時間26分+17分 3,670円+330円(三宮、京都)

特急とまったく順位が変わるのが面白い。

普通列車で行くなら、関空のLCCと、神戸のスカイマークは、あまり変わらない。
セールを狙えれば、飛行機の値段差で関空に軍配があがるという程度。
そして、名古屋のスカイマークは神戸より必ず安いので、総額は得になる。

以上のことから、ゆるいアレ的に距離の近い順は、次のように決まりました。

早い安い  名古屋<=関空=神戸<伊丹<羽田  遅い高い

結論:鯖江は名古屋の近くにある。

 ●

名古屋から鯖江までの移動手段を、料金比較で見直してみよう。

普通 4時間19分+37分 3,890円(名鉄名古屋は特急、大垣、敦賀、米原)
特急 3時間44分 6,930円(名鉄名古屋は特急)

つまり、1時間12分を短縮するために、3,040円払うと言っているわけだ。
これを時給換算すると、2,533円になる。

あなたの時給はいくらですか?
電車に一時間乗ってる(か駅のホームにいる)だけで2,500円貰えたら嬉しい?
と考えると、別に鈍行でいい気もする。

 ●

しかし、セレブでエグゼプティブな俺は、金に糸目をつけずに来ようと思ったんだけど、
なぜかジョルダンは「名古屋から特急しらさぎは使わず、米原まで鈍行で来い」と言う。
人の懐事情に気を遣ってくれるなんて、どんだけ親切な検索システムなんだ。

と思ったけど、しらさぎは2時間に1本しか名古屋から出ていない。
合間の1時間に、米原発のがあるようだ。
なので最初から、名古屋以降で奮発できる余地があるのは、米原→鯖江間だけであった。

ここの特急指定券は1,700円。自由席はいくらだったかな・・・。
そのお金を払って得られるのは、68分間の短縮、というわけだ。

Suicaは使えないし、どうせ米原で一度改札出ないといけないし、
初日に出遅れるみたいな事情さえ無ければ、鈍行旅でいいんじゃないかって気がするね。

PageTop