My name is

なんか見切り発車感。

 ●

Facebookで自分のことを何て呼ぶかみたいな話題があった。

前から、このブログでは、自分の呼び方が安定しないなあ、と思っていたけど、
読み返してみると、やっぱり安定していなかった。
「自分」が一番多いけど、「筆者」とか「俺」もある。

「俺」を使うのは回顧録の独白の中だ。なんかこれは悪くない気がする。
なので日記は「俺」で書くことにしよう。

「自分」と書いてる多くの記事は、きっと緊張してるんだと思う。
まだ気の抜き方がわからないので、一つ一つの記事に力を込めて書いている。
まあでも、これはこれでいいのかもしんない。「感想」はそんな扱い。

さらに堅苦しく客観視を意識して書いてるときに「筆者」と書いている。
ブログは筆者のものであるのは自明なのだから、
「筆者の好きな食べ物はカレーである」という文章は、
一人称を抜いて、「カレーが好きだ」と書いても十分に伝わるんでないかとも思う。

 ●

そもそも、筆者って何者なんだよ、という所が曖昧かも知れない。
そういえば、うっかり自己紹介にあたる記事を書くことを忘れていた。
自己紹介どころか、実は自分の名前すら名乗っていなかった。てきとーすぎる。

本名をネットに載せるのは、なんか怖い。
正直に言うとFacebookはいまだに慣れない。twitterのほうが断然好きだ。

まあ、本名を名乗らないなら、別の名前を決めなければいけないかな。
「ゆるい人間」みたいな名前がいいかなーと思っている。ユルメン。うーん。
名前考えるの苦手なんだよなー。「ゆるいアレの人」とかでもいいのかも。

自己紹介の記事は「動機」のとこを読めば、だいたい伝わるかねえ。

あーだめだすごい眠い。またそのうち考えよう。

PageTop