氷河期世代

移住募集は若者だけじゃなくたっていいじゃん! という話。


 ●

地元で一ヶ月近く、荷造りと挨拶をしていると、だいたい3つのことを言われた。

ひとつは、手放しで「いいね!」という反応が来るパターンだ。
こういう人は、俺が何をしているかをだいたい理解しているか、あるいは特に気にしていない。
移住する方の中にも「会社と相談して日程を調整します」なんて方がいらっしゃったが、
うちは「半年移住します」つったら、「おお! いいね」で済んだ。素晴らしい会社だ。

二つ目は、「それどこなの? 何しに行くの? 生活できるの?」というパターン。
両親とかネットの友人なんかはそんな反応だった。心配と興味が半々くらいだろうか。
S市がどこにあるかを説明するのは非常に難しい。まずF県が伝わらない。
今や福島県が有名になってしまったので、博多県と福島なら区別は出来るのだけど。
何処に行くのかも伝わらないのに、何しに行くのかを伝えるのは無理だ。
ましてや、別に何もするつもりも無いのだから。まあ正直に、体験移住と答えているけど。

そして三つ目は、「私も住みたい」という反応だったりする。
しかし市にとっては残念な(?)ことに、こういう反応をしたのは、若者ではなかった。
「もう募集締め切っちゃったし、年齢制限があるんだよ」と言うと、
「なんで若者ばっかり!」と、怒ったそぶりをする。ごもっともな意見だと思う。

 ●

地方創生戦略案が市のホームページに掲載されている。これはよくまとまっていた。
「まち・ひと・しごと創生総合戦略案」のページにPDFへのリンクがある。

曰く、若者の流失が相次いでおり、それを防ぐことが大きな課題なのだそうな。
戦略の筋書きとしては、ものづくりに関する起業を支援して就職先を確保すると共に、
お試し移住、シェアハウス、シェア工房を通じて、ニーズの調査分析をする、とある。

でもこれは、順番としてはちょっとおかしい。

若者がやりたいことは、上京デビューだ。
実家を離れて一人暮らしがしたいし、夜遅くまで騒々しい街で遊んでみたい。
オシャレもしたいし、友達も恋人も欲しい。バリバリ仕事をして認められたい。金も欲しい。
んで、それに疲れたり飽きたりしたら、落ち着いた暮らしに移行するのだ。

これらを分解して、市の都合によって組み立て直すと、
家族向けの空き家を活用して、シェアハウスにすれば、
実家を離れられて、友達と住めて、夜遅くでも喋れるじゃん、という理屈になるんだと思う。

けど、それは多くを詰め込みすぎだ。

自立という観点からすると、実家を出て即ルームシェアしか無いというのは疑問が残る。
それは置いといたとしても、同居人と夜遊び仲間と心の友がイコールになるとは限らない。
だからそもそも「ルームシェアが前提」という施策自体が、結構苦しい。

それでも住宅事情の都合で、あえて「ルームシェアの中で最適解を模索する」のであれば、
住宅事情によらない部分には余裕を持たせた方がうまくいくと思うなあ。
たとえば、最悪家は寝に帰るだけでも、外に面白いコミュニティがあるなら、我慢しようがある。

俺は田舎の濃密な人間関係という感覚は未経験だからわからないけれども、
いつも同じ人と一緒にいなければならないってことは、それだけでも結構な不自由に感じる。
たとえ大親友とでも、四六時中一緒に居たくは無い。彼女でも微妙だと思う。

 ●

そもそもルームシェアって、どこか「仕方なく」やってる側面があると思うんだよな。
共同生活必要! 人と一緒じゃないと寝れない! ってのは、少数派か、後付けの理由だろう。
第一に、お金の節約になる、というのがあって、残りは副産物なんだと思う。

んで、若者は金に困っている事が多いので、若者のルームシェアが多いって事なのでは。

周囲を見渡すと、金に困っているのは若者だけじゃない。
就職氷河期世代で、ちょうど若者やニートの定義から外れつつある33~40歳も貧しいのだ。
ロスト・ジェネレーションとか言われていて、景気対策からも何故かよく外される。

国が面倒を見てくれない人達を誰が養ってくれているのかというと、親だと思う。
親と住むことは、ルームシェアにおけるいくつかの問題を緩和してくれる。
親だから小言を言うのは自然だし、お金のトラブルも殆ど無い。飯も食えるし掃除洗濯も。

ルームシェアが地方創生の方法論たり得るなら、家族での移住は合理的だと思うんだよ。

・東京の実家を売ったお金で、田舎で贅沢に暮らしましょう。
・家族一緒だから孤独じゃありません。子供は中年だけど、介護も出来るし、まだ働けます。
・もともと同居していたのでケンカやトラブルが増えたりはしません。

富豪でも無い限り、これ以上ジジババが増えることは望ましくない、
みたいに自治体は考えてるのかも知れないけど、それも考えようなんじゃないかなあ。

PageTop