家賃無料

暮らしを提供する時の殺し文句として、「家賃無料」ってのは魅力的なのだろうか。


 ●

田舎に移住する理由を頭で考えると、東京と比較してデメリットを出すようになる。
満員電車が嫌いだとか、空気が悪いとか、ストレスが溜まるとか、そういう感じで。
その中に「家賃が高い」というのもあるんだと思う。

今まで最も高い部屋で、丸の内のワンルームで11万円、という物件に住んだ事がある。
最も安い部屋は、地方都市で4万円だったけど、そこでは平均以上の値段だった。
まあ単純に「都会と田舎じゃ、単身で6~7万違う」と言っても、あんまり違和感は無い。
つまり都会と田舎で生活費が年間80万くらい違うわけだ。

でも実際には、車が必要だったり、年収が80万以上少なくなったりして、
あんまり移住の利点とは言えないような気もするけれど。

S市の提供する「半年間家賃無料」という条件は、
上記の例で言うなら「地方都市で4万円」の部分がタダになるということだ。
しかし、応募時点の「ワンルームで11万円」を基準に、それがタダになるように錯覚すると、
物凄いお得な条件に見えてしまう。これは、S市の見せ方がうまい部分だと思う。

まあ、生活費が安いってことは、グローバルな仕事では有利な材料だ。
ECサイトとかで何かを全国に売るような仕事をやったとしたら、少しの儲けで食っていける。
(地元のバイトとかを始めてしまうと、時給が安いので別段有利ではなくなる)

なので、東京でうまくいかなくて再チャレンジやリセットを思い至った人が、
田舎に引っ越して取り組んでみるってのは、アリだと思うんだよな。

 ●

そんな感じか、「家賃無料」を主目的としてやってきた人が、「相部屋はNG」と言っていた。
NGな理由は、同居人の生活音だそうなので、生理的な問題なのだろう。

自分はルームシェア経験が無いのでわからないけど、耳は敏感なほうなので、
なんとなく、相部屋NGという主張には正当性を感じられる気がした。

実際は、嫌悪感よりも面白そうだという感覚が勝っていたし、
最悪、どうしても我慢出来なくなったら出て行けばいいやって軽さなのだけれど、
3LDKに最大9人で住むってのは、貧乏人同士のルームシェアでも中々無いと思う。

田舎の3LDKを9人でシェアするとなら、どこだって家賃は月額数千円に納まるだろう。
「家賃無料が目当てじゃないから別にいいんだよ!」って感覚ならともかく、
家賃の安さに魅力を感じていたなら、このシェア人数はメリットを殺しているとも言える。

居心地の悪さが問題になる前に、部屋の追加が決まることを祈っておこう。

部屋割りは男女で完全に分けた結果、女子の部屋はスッカスカになった。
最初の一ヶ月なんか、空室が出来るくらい余裕があるようだ。
「俺は女子と一緒の部屋でもいいよ!」という男子は後を絶たなかったのだけど、
みんな例外なくスケベな事に期待していたので、この分け方は安全なのかも知れない。

PageTop